THE BOYZ (Part 3)

THE BOYZ (Part 3)

THE BOYZ (Part 3)

2017年12月6日に韓国で結成。THE FIRSTをリリースし、デビューした。2017年10月28日「THE BOYZ Heart To Heart Special Event」開催。2018年2月17日「K-pop world festa 2018」に出演。

大衆の心を捉える“たった一人の少年”になるという抱負を込めて「THE BOYZ」と名付けられた。

挨拶は「BEST WE THE BOYZ」

 

#THE BOYZが帰ってくる

 

4ヶ月ぶりに高速カムバック活動に突入したTHE BOYZ  は19日午後6時、タイトル曲「D.D.D」を含む四枚目のミニアルバム「ドリームライク(DREAMLIKE)」を発表した。

 

DREAMLIKEは4月末発売した二番目のシングル「ブルームブルーム(Bloom Bloom)」で「ロマンスファンタジー(Romantic Fantasy)」を今回のアルバムでは「ドリームファンタジー(Dream Fantasy)」を見せてくれる予定。新しい世界に目覚めた少年たちが経験していくであろう神秘的かつ幻想的なコンセプトで計6つの多彩なトラックが紹介される。また,メンバーの中でソンウ(Sunwoo)とエリック(Erick)はタイトル曲を含む多数のトラック作詞に参加し、THEBOYZ特有の個性を吹き込んだ。

 

タイトル曲は、今年の夏、「夢幻 – 清涼(彼らを彩る瞬間)」で帰ってきたTHE BOYZの派手な帰還をまともに確認することができる。「D.D.D」は「ダンスダンスダンス」の略で、新しい世界に踏み出す瞬間をダンスと呼ぶことで表現したムムバトン(Mumbaiton)リズムベースのポップダンス曲だ。中毒性あふれる繰り返しリフレインと清涼ながらも神秘的なサウンド、さらに強力になったTHE BOYZの「エナージェティック」パフォーマンスが加わって、ファンたちの五感を一気にひきつける戦略である。

 

THE BOYZはカムバックに先立ち、今年17~18日の両日間、日本の大手音楽フェスティバル「サマーソニック2019」にK-POP代表アーティストの資格で参加するなど、内外を行き来するグローバル活躍を続けている。

 

一方、「Bloom Bloom」活動以降、デビュー初の音楽放送1位の記録及びアジア7ヵ国ペンコンツアー盛況のうちにに終了など、意味ある成果を収めたTHE BOYZは2019年下半期、新曲「D.D.D」を通じて上昇の勢いを固める「デセドル(大人気アイドル)」としてもう一度活躍を続けて行く予定だ。