Weki Meki (Part 2)

Weki Meki (Part 2)

Weki Meki (Part 2)

Weki Meki “ティンクラッシュアイコン(Teen Girl Crush Icon)の成長”

Weki Mekiは去る6月16日、シングル2枚目の’LOCK END LOL(ロックンロール)’のタイトル曲’Picky Picky(ピキピキ)グッバイ舞台を最後に公式活動を終了して、また一段階成長を遂げた。

シングル1枚目の’KISS、KICKS(キス、キックス)’以降7ヵ月ぶりにシングル2枚目の’LOCK END LOL’を発売したWeki Mekiはタイトル曲’Picky Picky’を通じて一層アップグレードされたティンクラッシュ魅力を発散し、耳目を集中させた。
Weki Mekiは”ティンクラッシュアイコン”として舞台上、さらに輝くビジュアルとともにパワフルなパフォーマンスで大衆の目と耳を同時に魅了し話題を呼んだ。ミュージックビデオの照会数によって、多様なバージョンの振り付けや練習映像を公開したり、Weki Mekiならではの派手な魅力を垣間見ることができる映像コンテンツでファンに楽しさをプレゼントした。
また,韓国のアイドル朗読寄付プロジェクト”アイドルが読む、心を繋ぐ”に参加し寄付活動に積極的に参加し、感動的な感動を覚えた。

シングル2集の活動を終えて、Weki Mekiは、「所属事務所ファンタジーオミュージックを通じて今回の活動は私のWeki Mekiだけの色をより着実に見せることができていた活動だった。 力強い応援と愛情を送ってきたキリング(Weki Mekiファンクラブ)のおかげでもっと素敵な姿を見せることができた」とし、終始応援と愛を送ってきたファンに感謝の気持ちを伝えた。 また”今後さらに成長して発展するWeki Mekiになるからたくさん期待して下さい”とこれからの覚悟も付け加えた。

一方、Weki Mekiは去る7月13日から東京と大阪でミニライブのファンミーティングを開催し、本格的な海外活動を始めている。

 

イベント情報はこちら

   WEKI MEKI イベント